2018 平昌冬季オリンピックメダル

オリンピックメダルはひとつになった情熱(Passion.Connected)のためにその間に汗を流した選手と参加者達の努力が込められた結実です。特に今回のメダルは韓国の固有文化であるハングル、韓服、そして韓屋からインスピレーションを受けて制作しました。
2018 平昌冬季オリンピックメダルを詳細に見る

2018 平昌冬季オリンピックメダルは大韓民国固有のハングル(メダル)、韓服(ストラップ)、韓屋(ケース)からインスピレーションを受けて制作されました。

メダル(Medal) : 世界で最も科学的な文字体系、ハングル

メダルの前面は ‘平昌冬季オリンピック’のハングル子音(ㅍㅊㄷㄱㅇㄹㅍ)を3次元空間で両側に引っ張り(絵1)立体的に作った後、円形に切り出して完成しました。

メダルの側面には ‘平昌冬季オリンピック’の最初の子音を刻んで入れました。(絵2)

ストラップ(Strap) :韓国の伝統韓服

メダルのストラップには、オリンピックメダルで初めて、韓服に使用される伝統技法の中の“甲糸技法”使用しました。甲糸布は軽いながらも通気性に優れ半透明で、高級感のある生地です。

甲糸布の中に、平昌冬季オリンピックの大会ルックモチーフの中の雪花パターンをハングル子音で構成し、伝統文鎮技法で入れました。平昌冬季オリンピックタイポグラフィーとオリピックのエンブレムそして、伝統刺繍技法で制作しました

ケース(Case) : 韓国の伝統韓屋

メダルケースは韓国の伝統韓屋からそのインスピレーションを得て、軒 屋根の簡潔で優雅な曲線を手本に原木で制作しました。