ブログ

スウィーピングがない車いすカーリングの話

登録日 2018-03-11



スウィピングがないカーリング

車いすカーリングの話





©Getty Images 


冬季オリンピックの花「2018平昌冬季パラリンピック大会」が39日から18日まで10日間開かれる。パラリンピック(Paralympic)は車椅子を使用する脊髄損傷者の際大展させたものであり、「下半身麻痺」を意味する「パラプレジア(paraplegia)」と「オリンピア(Olympic)」を組み合わせた造語である。

平昌パラリンピックは世界約50カ国、1500人あまりの選手・役員など約25000人が参加する 史上最大規模だ。

 

アルペンスキーやクロスカントリースキー、バイアスロン、スノーボードの雪上4種目やアイスホッケー、車いすカーリングの氷上2種目、計6競技80種目で金メダルが争われる。韓国代表チームは冬季パラリンピック至上初めて全種目(6競技)に参加する。



車椅子カーリング



©Getty Images 
 


車椅子カーリングは「カーリング」を障がい者が楽しむことができるように改正し作られたスポーツだ。ヨロッパや北米では、くからシニアクラブがられるほどされており、2006トリノ冬季パラリンピックから正式種目された。冬季パラリンピックでは、1つのメダル種目われる



車いすカーリングには非障がい者カーリングとは異なるいくつかのルールがある。

1.車いすカーリングはプレ4人で構成され、必ず男女混合(女子1人以上)でなければならない。
2.1試合は8エンドからなる。

3.ストーンの投球は腕や手またはデリバリスティッを利用することができる。

4.車いすカーリングはブラシで氷の表面を掃くスウィピングは禁止される。


その理由選手たちのきを円滑めるためだ代わりに選手が投球する際、滑らないようチムメンバが投球者の車いすを抑えることは可能だ。
従って出場する4人の選手は全員投球だけをする。ストーンの進行や方向を調整するスウィピングがないため投球者の繊細な感覚が非常に大切だ。
両チームが交互にストーンを全部投球し、どのチームがハウスの
ティに、より近くにストンを寄せた
のかによって得点が決定され最も高得点が取れたチームが優勝する。




©Getty Images 


 

韓国代表チームは2010年バンクーバー冬季パラリンピックで初めて出場した。その初出場のパラリンピックでなんと銀メダルを獲得する快挙をあげ、世界中を驚かせた。車いすカーリングの未開拓地域であったアジア初のメダル獲得でもあった。練習場がない選手たちが水泳場の水を凍らせて練習をしていた状況を考えるとなおさらだ。今度の平昌冬季パラリンピックでも大きな成果が得られることを期待する。
ちなみに、今大会、日本からは出場しない。


■映像一足先に見る冬季パラリンピック「バイアスロン」