2018平昌冬季パラリンピックメダル

メダルは一つになった情熱( Passion. Connected.)のために、これまで汗を流してきた選手と参加者たちの努力が詰まった結晶です。 特に2018平昌冬季パラリンピックのメダルは韓国の固有文化である、ハングル、韓服そして、韓屋からインスピレーションを受けて制作しました。
2018平昌冬季パラリンピックメダルについて詳しく見る

2018平昌冬季パラリンピック大会のメダル

山、雲、木、風
江原道平昌の美しい自然を表現した山、雲、風、木のパターン
韓服に使用される素材であるカプサ(甲紗)で作られたメダルのストラップ
公式大会名「2018平昌」が点字で刻まれている
2018平昌冬季パラリンピック大会の公式エンブレムと種目名

2018平昌冬季パラリンピック大会に参加する選手全員を応援します!

メダル(Medal) : 世界で最も科学的な文字体系、ハングル

メダルの前面はパラリンピックのエンブレムである‘アジトス’と一緒にパラリンピックの規定に従い大会名である‘2018平昌(PyeongChang 2018)’を点字で刻んでいれました。(絵1 参照)

メダルの側面には‘平昌冬季パラリンピック(평창동계패럴림픽)2(이)0(공)1(일)8(팔)’の子音である‘ㅍㅇㅊㅇㄷㅇㄱㅍㄹㄹㄹㅁㅍㄱㅇㄱㅇㅇㄹㅍㄹ’を立体的に表現し刻み込みました。(絵2 参照)

メダルの裏面には、平昌大会のエンブレム又、詳細種目名が表示されています。

ストラップ(Strap) : 韓国の伝統韓服

メダルのストラップには、パラリンピックのメダルで初めて、韓服に使用される伝統技法の中の“甲糸技法”使用しました。甲糸布は軽いながらも通気性に優れ半透明で、高級感のある生地です。

甲糸布の中に2018平昌パラリンピック大会のルックモチーフの中にある、雪の結晶のパターンをハングルの子音で構成し、伝統刺繍技法で制作しました。タイポグラフィーとオリピックのエンブレムそして、伝統刺繍技法で制作しました。

ケース(Case) : 韓国の伝統韓屋

メダルケースは韓国の伝統韓屋からインスピレーションを受けました。瓦屋根の簡潔で優雅な曲線を現代的に再解釈して、原木で制作しました。