私たちを動かす情熱 -2018平昌冬季パラリンピック大会開会式-

開会式
©Getty Images


私たちを動かすもの、それは情熱だ。情熱はエナジーの源泉であり、障がいと非障がいの間にある境界を壊し、違いを認め合う共生の世界を作り出す。

そんな熱い情熱が集まり、熱い戦いを繰り広げる2018平昌冬季パラリンピックが今日、幕を開けた。開会式の情熱の瞬間をもう一度振り返ってみよう。


カウントダウン

0℃、情熱の始まり

冬を待ちわびたパラリンピアン。彼らの情熱がグラウンドに赤い水銀柱で表現された。正々堂々とパラリンピックに向け準備してきた彼らの情熱は氷点に向かって熱く終えあがり、パラリンピアンの情熱は平昌を強力なエナジーで満たす。


Let’s Move

Let's Move

©Getty Images


Let’s Move
は賓礼を新しく解釈し打楽公演として全世界パラリンピアンたちと観客に贈る歓迎舞踊の舞台だ。多様な太鼓の音は選手たちの情熱と熱い心情などを象徴し、また大地を浄化し平昌冬季パラリンピックが無事に開催されることを願う意味も含まれていた。



選手団入場


選手団入場

©Getty Images

世界各国の選手団がハングルの子音の順番に入場した。各選手団を先導するピケットはソッテをモチーフに作られた。ソッテは祝い事や豊穣を祈願する韓国伝統の象徴物であり、選手団の健康と平穏を祈る意味が込められている。



Possible Dreams


Possible Dreams

©Getty Images

視覚障がい者イ・ソジョンさんが舞台に入ってくる。ソジョンさんは何も見ることができないが無限の想像力で世界を描くことができる。彼女が描いた多くの魚や動物たちが次々と動き出だした。日が沈み雪が降る。バンダビが想像が現実になる純白の土地平昌へとソジョンさんを案内し、平昌の子供たちとパラリンピアンたちの夢を象徴するパラボートを完成させた。このパラボートはパラリンピックで行われる6つの競技で使われる道具の力で動いている。ソジョンさんはパラボートに乗り、上空で素晴らしい歌声を披露した。


バンダビ
©Getty Images


平昌はウィンタークラブとなりパラリンピアンたちは情熱的に踊り、海と山、夜空、宇宙が一つになる夢が平昌に広がった。おっとりとしたイメージのバンダビだが、キレのあるかわいいダンスを見せ観客を魅了した。


Passion Moves Us

Passion Moves Us
©Getty Images

情熱の輪
Wheel of Passionが転がり込み、輪に込められた情熱が波長を起こす。波長が次の波長を作る。波長はお互いを結び、一つになる。私たちを動かす情熱は世界を動かす力になる。車いすパフォーマーたちが舞台に登場し、躍動的なエナジーを発散する。勇気と決断、勇敢と平等を象徴する4枚の葉が輪を覆った。障がいと非障がいの区別のない、他との違いを認める共存の新世界が誕生する。


聖火点火

聖火点火
©Getty Images

聖火が大韓民国の隅々をまわりスタジアムへと到着した。聖火ランナーが順に聖火をつなぎ、情熱でつくられた共存の世界、純白の大地、平昌に聖火が燃え上がった。



平昌ハーモニー


平昌ハーモニー
©Getty Images

聖火が燃え上がり、フィナーレとなるセレモニー。赤く光っていた「共存の太陽」が白い満月へと変わり、パフォーマーたちによる「ムーンライトダンス」が行われた。

今日から10日間にわたって繰り広げられるパラリンピアンたちの熱い戦い。彼らの真剣なその戦いの末に何をえるのだろうか。そして、あなたは何を感じるのだろうか。

2018平昌冬季パラリンピック大会の始まりです。

最新 2018平昌 ニュース

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10