Getty images
2018平昌冬季オリンピック大会まで残り時間
80 時間 07 23 37
チケット
Get Your Tickets and Share the Passion

ボブスレー   概要

Top

概要

ボブスレーは19世紀後半、スイスでスポーツ形式となりました。ボブスレー男子4人乗りは1924年の第1回フランスのシャモニー冬季オリンピック大会から正式種目に採択されました。ボブスレー男子2人乗りは1932年レークプラシッド冬季オリンピック大会から追加され、女子2人乗りは、2002年の第19回米国ソルトレーク冬季オリンピックから正式種目に採択されました。ボブスレーは方向を操縦することができるそりに乗って、氷で作られたトラックを滑走する競技です。ボブスレー種目では、男子4人乗り、2人乗り、女子2人乗りの計3つの種目が行われます。ボブスレー2人乗りは、パイロットとブレーキマンで行われます。パイロットはそり内側の操縦ロープを利用して操縦をします。ブレーキマンはフィニッシュラインを通過した後、そりが停止するようにブレーキをかける役をします。ボブスレー4人乗りは2人のプッシュマンが追加されます。プッシュマンは、出発するときに力強くそりを押し出す役をします。選手は、世界選手権大会とオリンピックにおいて計4回の滑走をし、そのタイムを合算して順位を決定します。ボブスレートラックの長さは1200 - 1300mであり、平均傾斜は8 - 15%、曲線での半径は20m以上と定められています。滑走時にカーブを回す圧力は、重力の約4倍に近く、平均時速は135Kmに達します。曲線、直線、円形オメガ(Ω)などのコースを加速をつけた速度を維持したまま、14 - 22個のカーブを滑走することが重要です。なぜなら100分の1秒を競う競技であるため、速度が減少すると良い成績をおさめることができないからです。

平均時速 135km / 男子4人乗り, 男子2人乗り, 女子2人乗り/ トラックの長さ1200~1300m 8%~15%
男子2人乗り

男子2人乗り

  • 1932年第3回米国レークプラシッド冬季オリンピック大会よりオリンピック正式種目に採択
  • ボブスレー男子2人乗りのそりの最大の長さは2.7m、最大幅は0.67m
  • 選手と装備を合わせたそりの重量は最大390kg

男子4人乗り

  • 1924年第一回仏シャモニー冬季オリンピック大会よりオリンピック正式種目に採択
  • ボブスレー男子4人乗りのそりの最大の長さは3.8m、最大幅は0.67m
  • 選手と装備を合わせたそりの重量は最大630kg
  • 4人乗り種目の2,3番目の選手はプッシュマンとして出発時、加速をつける役割
男子4人乗り

女子2人乗り

  • 2002年第19回米国ソルトレーク冬季オリンピックよりオリンピック正式種目に採択
  • ボブスレー女子2人乗りのそりの最大の長さは2.7m、最大幅は0.67m
  • 選手と装備を合わせたそりの重量は最大350kg
女子2人乗り